2016年2月9日火曜日

世界初 – 1958年にタイムスリップ

http://www.ziferjapan.com
旅人やアウトドア愛好者のみならず多くの人々の間で、“マジョリーナ”そして “エアキャンピング”という名前は古くからルーフテントの代名詞となってきました。 1958年イタリアにて世界で初めて開発されたオートホームシリーズのカートップテントは世界中の冒険家、探検家、旅人にとって欠かせない野外泊の道具として50年以上にわたり愛され続けてきました。
くるま旅市場に車上泊という全く新しい文化を提案したオートホームシリーズが世界中で認められてきた理由は、時間や場所を選ばない自由な感覚とテント泊や車中泊では味わえない快適さを人々に提供できたことにあります。
“宿泊OK!  でもどこで? どうやって? アイデアは直ぐに出てきました。 ”車の屋根にテントを取付ては?” そしてそれに続く疑問はごく自然でした。  ”でもどのように?”
技術的には無数の方法があります。要はどれを採用することが最善なのかということでした。 1957年終わりから1958年3月にかけて、車上テントという全く同じアイデアで全く異なる考えを持った2つの革新的な製品が誕生しました。
一つは垂直に展開する車上テント、もう一つは側面に蝶番を付けた折りたたみ式車上 テント。 現在のマジョリーナの原型となった垂直展開型はその創造者の名前に因んで “Autocampeggio Stogl”と命名され1957年から1958年にかけて特許取得されました。そしてそれに遅れることほんの数ヶ月後の1959年に折りたたみ式車上テントも、発明したGiuseppe Dionisio(ジュゼッペ ディオニシオ)氏によって同じく特許取得されました。
垂直展開型も折りたたみ式も決っしてお互い競争相手となることなく共存共栄し、1959年イタリアのミラノそしてクーネオで開催された2ヶ所の展示会にて同時に 初お披露目されることとなりました。車上泊というこれまでにない発想を持った2種類の製品はそこで大成功を納め、後に“マジョリーナ”そして“エアキャンピング”とそれぞれ 命名されました。これら2つの製品は高い技術力と開発力のお陰でこうして50年以上にわたり現在でもほとんど形を変えることなく世界中の人々に親しまれています。
エアキャンピングの歴史を語る上で忘れてはいけないのがNino Cirani (ニーノ・チラーニ)氏の存在です。 一企業の営利目的にもかかわらず、彼は世界中での歴史に残るような旅でこの製品を使い続け、常にアドバイスし続けてくれました。そのお陰で工場での製造・組み立てをより簡単に効率良く頑丈で快適な製品を世の中に送ることができるようになりました。 また、彼の世界中の旅レポートが製品に対する確かな保証となり、やがて一般ユーザーにも安心して受け入れられる製品になりました。
この革新的な車上泊の道具はその後イタリアの製造許可の下でブラジル、カナダ、 フランス、ドイツ、アメリカ、イギリスなど様々な国で製造されました。 初めは車旅好きの人々にとってキャンピングカーやトレーラーに比べ、ただ単に安く宿泊できる道具 として評価されていました。
しかし時が経ち世界でルーフテントの存在が認知されるようになると、その発祥国であるイタリアで完成度を追求したAUTOHOME (オートホーム)という一つの世界的なブランドが誕生しました。 それは車上泊という全く新しい文化を世界中に確立させ、車で旅する者にとってなくてはならない旅の道具とさせました。 現在オートホームシリーズは、マジョリーナ、エアトップ、コロンブス、 オーバーランド、オーバーゾーン、オーバーキャンプそしてエアキャンピングと7種類の 異なったルーフテントを世に送り出し、50種類を越えるバリエーションと様々な環境下で役立つオプションを取り揃えるまでに成長しました。
かつて偉大な冒険家達がこの オートホームシリーズを使って歴史を作ってきたように、今でも世界中で野外泊を必要とする人々にとって必需品の一つとしてオートホームは愛用されています。
ルーフテントの歴史はオートホームの歴史なのです…

For everyone, not only for those who turned travel and outdoor life into a passion, “Maggiolina” and “Air Camping” are an historical synonym for roof tents. An original Italian invention from 1958 (see historical information) the Autohome vehicle roof top tent has been the companion of adventurers, explorers and travellers around the world for well over fifty years. The extraordinary intuition of that time, based on the newly born mass car-tourism market, identified a sense of freedom and independence and offered the greatest possible luxury as the basis of its well deserved success in the world market.
“Sleeping, ok. But how? And where?An idea came forth: “…why not attach the tent on the roof of the car…”? The following question was a natural response: yes, but how?”
In mechanics there are countless solutions. It was just a case of understanding which one to adopt. Between the end of 1957 and March 1959 there had been two innovative interpretations of the same idea: vertical lifting tent and the lateral hinged folding tent..
Almost contemporary, the first one – even if just for a while – was the ancestor of the current “Maggiolina” (called “Autocampeggio Stogl” in its first version, from the name of its creator); patented between 1957 and 1958, only a few months before “Air Camping”, the folding fabric roof tent by Giuseppe Dionisio (an inventor and designer also known as Gidion) who obtained the relevant patent in 1959.
Between the shell model and the folding fabric model there was no immediate competition, they were even lauched on the same stand at two exhibitions in 1959, first in Milan and then in Cuneo. Both “Maggiolina” and “Air Camping”, as they were named, with their extraordinary inginuity were a huge success at the time, thanks to technical innovations that remain almost unchanged throughout over 50 years of production, travel and history.
Despite the commercial aspect concerning ownership which followed, the “Air Camping” model – which was easier to manufacture in terms of build and production – gradually attracted the attention of the public, finally entering the myth of adventure and extreme camping thanks to the historic adventures of Nino Cirani.
This innovative outdoor lifestyle accessory was then being built – under Italian manufacturing licence – in many different countries, including: Brazil, Canada, France, Germany, USA and Great Britain.
At first, the roof tent represented an inexpensive alternative to independent travellers, however as time passed, they became an essential travel accessory, to such an extent that the manufacturing company of the time decided to create “Autohome”, a brand created and manufactured in Italy that now includes seven styles of roof tents, “Maggiolina”, “Air Top”, “Columbus”, “Overland”, “Overzone”, “Overcamp” and “Air Camping”, with well over 50 models available to choose from, plus accessories to suit all requirements.
Unequivocal equipment for adventure tourists, professionals and lovers of the great outdoors, Autohome is synonymous – today as in the past – with the adventurers who made history.
Autohome is the history of roof tents…

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

AUTOHOME(オートホーム)の世界へようこそ