2017年4月25日火曜日

Aziza(アジーザ)号

ニーノ・チラーニ氏は数々の有名雑誌に報道写真レポートを寄稿しています。
1973 年、彼は自らの経験を綴った”The Car Rally(ザ・カーラリー)を出版;いつ・どこで・どうやって”(Domusドムス出版社)キャラバン旅行で成功するための準備、提案、説明などを図解入りのハンドブックにまとめています。
各装備は細心の注意を払って準備されました:彼のランドローバーに取付けた特装品の取付けやタンクなどを金属プレートで保護加工するような改造は全てミラノにある彼の友人Amedeo Gaian(アメデオ・ガイアニ)氏の工場にて行われました。
著書の中でCirani (チラーニ)氏は遠征のために使用する車や必要な装備品をどのように準備したのかを詳細に記しています:ルーフテントはいかなる伝統的な道具よりも明らかに優れていると定義します。

すべては “Aziza(アズィツァ)号”の中に:工具、調理道具、予備の燃料タンク、小型冷蔵庫(写真フィルムの保存用)、手斧、ツルハシとシャベル。マチェーテ(短刀)、ライフル、ピストルまでも装備。Aziza3(アズィツァ3号)のイラストをご覧ください。この車を完成させるまでに1,500時間を費やしました。


Nino Cirani pubblicò numerosi reportage 
fotogiornalistici sulle riviste più prestigiose. 
Nel 1973 raccontò le sue esperienze in un libro 
"Il raid automobilistico”.

Come, dove, quando." Editoriale Domus”, 
un manuale pieno di consigli e disegni esplicativi per affrontare nel migliore dei modi un raid 
d'avventura.

L’equipaggiamento veniva preparato con grande meticolosità: la sua fuoristrada, dove tutti gli organi 
meccanici e i serbatoi erano protetti da piastre metalliche, era modificata personalmente nell’officina milanese dell’amico Amedeo Gaiani.

Cirani descrive a lungo la preparazione della vettura e degli accessori necessari all’impresa: 
la tenda da tetto viene definita superiore 
a qualsiasi prodotto tradizionale. (伊)


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

AUTOHOME(オートホーム)の世界へようこそ